パパの出来事

下っ腹が出ている人注意!エイリアン脂肪とは心臓に付き毒素で突然死も!危険な特徴は「下っ腹が出ている人」

下っ腹が出ている人注意!エイリアン脂肪とは心臓に付き毒素で突然死も!危険な特徴は「下っ腹が出ている人」

今までの常識は、体重や体脂肪率を気にして、脂肪がついた「場所」は気にしななかった。
最新は、「場所」が重要。命にまでかかわる。

危険な人の特徴は、「下っ腹がポッコリ出ている人」
「20歳前後から5キログラム増の人」

突然死を引き起こす。毒素を放出するエイリアン脂肪がついている。

【スポンサードリンク】

エイリアン脂肪が付いた心臓は、心臓の周りに脂肪がついて黄色くなっている。
心臓の周囲にある冠動脈にエイリアン脂肪から毛細血管が付き出してエイリアン脂肪が毒素を出している。

エイリアン脂肪から毛細血管が侵入するというのだ。
毒が撃ち込まれる。

毒素が出ているというのだ。
毒素を作り出して、動脈硬化を引き起こすというのだ。

何の目的があるのか、、これからの研究で明らかになるのだが。

心臓のまわりに太い血管、つまり冠動脈があるのだが。

通常の動脈硬化の仕組みはとしては、高血糖、悪玉コレステロール、高血圧などが原因で、
その冠動脈の内部にこぶがでてきて血管がつまる。

しかし、エイリアン脂肪は、外側から毒素を注入して動脈硬化を引き起こす。

【スポンサードリンク】

通常の動脈硬化は、10年、20年かけて引き起こすのだが、あるときにどーんとなる。

エイリアン脂肪は、急激に動脈硬化が進行して突然死に至ることもある。
まさにエイリアン脂肪。

若いころから比べて太った人は。もともと脂肪として溜めておく場所がもともと少ないので、
エイリアン脂肪として心臓についてしまう。

また下っ腹に脂肪がある人は、、内情脂肪が溜まっている。
下っ腹についた脂肪が行き場をなくしてエイリアン脂肪となる。
エイリアン脂肪は、内臓脂肪の一種で内臓脂肪を減らすとエイリアン脂肪も減るという。

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top